id="entry-area" onload="initi();">

知らない名前でほめられる2011-03-25(Fri)

〇〇みたいでいいね。みたいな。
そんな時私は知ったかぶりして礼を言う。


PICT4970.jpg
先日。水曜日のことである。
スーツをビシッときめて。遠くの街まで面接に行った。
行きの電車に間に合うか微妙だった。というのも、
プリンターを持たない貧民の私はローソンのメディアプリント機能を活用し、
職務履歴書かっこアルバイトのをプリントアウトするのに時間がかかってしまったからである。
まあ、はやく家を出ればよかったのだが、いろいろあったのだ。
横断歩道をなかなか渡れずにいるおばあちゃんを助けたとか、
今にも子どもが生まれそうな人に付き添い救急車に乗っていたとか、
道を歩いていたら美女に突然告白された。とかがあったことにする。
そんなわけで焦っていたので行きの改札を通るときは気づかなかったのだが、
パスモの残り金額が少なくなっていた。足りるかどうかきわどかった。
帰りの改札を過ぎたときに気づいた。
結果的に、足りたのだが、ちょっとこわかった。
もし、パスモの残高足りない、かつ所持金合わせても足りない。
という場合はどうなるんだ?
鉄道警察に捕まってしまうのだろうか?
「キセルは許さん!」と罰金払わせられるんだろうか?
「はじめてみたいだし、今回ばかりは許しますよ」となるか?
免許証の提示を求められ住所と連絡先確認させられて、後日運賃払いに行くのか?
そんな事考えながら所持金を全てパスモにチャージした。(5000円)
そして、今日面接の結果が来てやはり不合格であった。
まあ、元気は元気なんだけどさ。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:ひとりごとのようなもの

Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://marathonman6.blog69.fc2.com/tb.php/126-d4681b2e

プロフィール

さとうあぐね

Author:さとうあぐね
talking about shit

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター