id="entry-area" onload="initi();">

至極の果てのこむら返り2012-02-16(Thu)

PICT6196.jpg
2011年ゴールデンウィーク祖母の家にて人形
もっと左だ



ハローワークに行って紹介状を受け取って意気込んだのが二週間前の事になる。
もちろん履歴書と紹介状は郵送していない。履歴書なんか未記入のままである。
今日はバイトがお休みだったためよく寝た。
こんな日は夢を見るものであるが例に漏れず夢を見た。尊敬する町田康先生が
我が高校の学園祭にやってきた♪というもので、
合唱の練習に励む私の教室にやってきて質問を受け付けていた。
質問があると教室の出入り口に町田氏がいちいちやってきて受け答えをして、
どこかへふらっと消えてしまう。といっても質問したのはひとりだけで、
私のクラスにいたパンクガールが町田氏の熱狂的なファンだったらしく
なんやら熱狂的な質問をしていたが忘れた。
私といえば質問をしたいができずもじもじしていた。夢の中でも消極的である。
だが、トイレに行きたくなったのか知らんが、私は勝手に教室の外に出て、
隣の教室で暖を取りお茶を飲みながらエキセンリックな格好の音楽教師と談笑する
町田氏の存在に気づき、空き教室の出入り口の前に立ち
「質問があるんですけど…」
と最大限の積極性を行使して言った。町田氏はとっても優しく質問に答えてくれた。
私の拙いコミュニケーションをフォローしてくれているようですらあった。
質疑応答の内容は忘れた。要するにてへぺろというわけである。
てへぺろは好きだ。とても良い言葉であると思うし、好きな言葉である。
就職活動もせず自堕落で非生産的な生活をおくる
息子の実態を観て呆れ返る親にもてへぺろは通用するだろうか?
「もーしょうがない子だわさね。来月は仕送り色つけて送るから就活頑張るんだよ♪」
って、なるかもだわよさ。すごいねてへぺろ。ばんざいてへぺろ。てへぺろ定食はじめました。
てへぺろが国際的に認知されればバルカン半島のいざこざもなかったことに?
そうだよてへぺろは愛なのだよてへぺろってまたてへぺろ使っちゃってる。
てへぺろ( ^ω^)おっ
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:ひとりごとのようなもの

Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://marathonman6.blog69.fc2.com/tb.php/172-f0bc1e5a

プロフィール

さとうあぐね

Author:さとうあぐね
talking about shit

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター