id="entry-area" onload="initi();">

つめたいこおりがとけるように2014-02-19(Wed)

SDIM0618.jpg


おはようございます。
私ってばAmazonのレビューを読むのが好きなやつなんですよ。
山内 マリコ著「ここは退屈迎えに来て」のレビューで
「20代前後の女の子が、2年も東京にいて
渋谷の映画をみにいくのにそこまで緊張するかしら??」
という意見があって私はふんふーふー
と思った。私は東京に4年住んでいるが都会に映画を観に行った経験がないので、
渋谷に映画を観に行くのはかなり緊張する。
というかめんどくさいというか行く気にならない。
けど、レビュアーの人の考える普通では東京に2年も住んでりゃ
都心に映画を観に行くなんてことは簡単に出来てしまうもの。
なんでしょう。
なにを言いたいかよくわからないけど、
最近いろいろな人がいて面白いなぁ
と思う。そして、究極的に言えば人というのは
自分の気持ちや考えしか把握できないのだ。
心にもないことをしゃべることも、
喋らなければいけないこともあるじゃないですか?
彼女になんかプレゼント的なものをあげて、
見た感じすごい喜んでるし
「ありがとうこれほしかったんだよねーー」
とかなんとか口では言うだろうけど。
ホントのとこどうなのかわからないよ。
人はどっからくる自信かわかんないけど、
基本的に自分は正しくてなんとなく普通だと思ってると思う。
でも、それは間違っているかもしれないし、お前は気違いかもしれないよ。
私はなにをうったえたいんだろうな。普通とか絶対なんて基準は存在しない。
ってことを言いたかったんだと思います。
簡単になりたい誰かになれればいいんですけどね。
そうすればみんな幸せだと思うんだけどな。
最近調子悪いんだよなー
毎日酒のんでるー
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:ひとりごとのようなもの

Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://marathonman6.blog69.fc2.com/tb.php/259-b7d80136

プロフィール

さとうあぐね

Author:さとうあぐね
talking about shit

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター