id="entry-area" onload="initi();">

デポラだけは殺すな2014-07-16(Wed)

_MG_1662_R.jpg
GW
ボケがきれい。
いつもこんなふうにとれてくれればいいのに。
GWシリーズはすべて同じレンズで撮影しています。
カメラから被写体と背景の距離が関係してんのかなぁ…
わからんです。

競馬は7000円負け…
私はネット右翼なので、自民保守派の安倍政権を応援してきました。
靖国参拝とかも正しいと思ってきました。
ただ、今回の憲法9条の解釈変更だか集団的自衛権の行使容認だかには反対です。
深くこの問題についての知識があるわけではないけれど!
私はどんなにアメリカから非難されても他国の戦争には参加しない。
という姿勢が好きでした。とても潔く強く美しく私には見えた。
めっちゃ金援助したのにアメリカから感謝の意を示されなかったとしても日本の姿勢は私の中では全然かっこ悪くなく、むしろかっこよかった。

戦争は絶対にしたくないんだ
という強い意志表示が敗戦国の悲しみが憲法9条には込められているんだと思います。
たとえGHQが作った憲法だったとしても、敗戦当時の日本人のほとんどがもう二度と戦争は起きてほしくないと願ったことだろうと思います。
母と弟いわく集団自衛権は戦争をしないための権利なのだ。
抑止力の韓国中国への牽制の意味があるんだ。
と言っていましたが、特亜と日本が直接戦争しなくても、アメリカが中東なんかに戦争を仕掛けた場合、日本が後方支援的にでも戦争に参加する可能性は増えるんじゃないだろうか。それは、近い未来のような気がしてならない。そして、感覚はだんだん麻痺するものです。

水木しげるの「総員玉砕せよ!」という漫画があります。
無感情な人間なので、マンガ自体には特別何も感じなかったのですが、あとがきは泣けました。何度読んでも泣けます。首相公邸を囲んでデモンストレーションする人たちはアホだと思いますが、戦争を経験した人は戦争を経験した人だけはおおっぴらに堂々と安倍政権を批判していいと思う。反戦を叫んでいい。もう、戦争を経験した人は少ないと思うけど。
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:ひとりごとのようなもの

Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://marathonman6.blog69.fc2.com/tb.php/282-c8f6d2eb

プロフィール

さとうあぐね

Author:さとうあぐね
talking about shit

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター