id="entry-area" onload="initi();">

201905262019-06-04(Tue)

_MG_9307.jpg
初任給が出たんだが手取り10万くらいのもんであって、はやく憧れの正社員になりたいななんて思うのでありました。
こどおじなら余裕で暮らしていけちゃうんだけど、賃貸に宿替えする予定であって可処分所得は0になるのでありました。
親の遺産切り崩して私はニート時代と同じ感じで暮らしていくんだろうなぁ。
昨日だか一昨日だかに私は地元の二百名山に登ってきましたよ。
筋トレがなんだと偉そうに言っていましたが、体力の低下は著しく登りがきつかったです。
一ヶ月に一度くらい登山リハビリ必要だなぁと実感しました。
しかし、登山は気分がいいですね。征服感みたいなんがあるんだよなぁ。
日帰り登山の装備は揃えたので、金もガソリン代くらいしか必要ないので吝嗇家で貧困層の私にはこれ以外考えられないくらいの趣味なのであります。
でも、登山をすると小さいカメラと広角のレンズが欲しくなりますね。
もう。諦めて持って行ってないですからね一眼は。
もうちょっと、筋力と体力がついたら一眼持って登山行って山頂からの写真撮りたいです!


こう、最近衝撃的な事件が続いているけれど、私は有名人じゃないので綺麗事じゃないことが言えるだけだけれど、
結婚して子供を育てることがいろいろな解決策になるんじゃないかなぁと私は思います。
子供を作ることはとんでもないリスクです。
官僚の子供だってあんなに歪に育ったりするんだから。
そのかわり親は成長すると思う。大人になると思う。
世間に迷惑をかけまいとした加害者への同情が多数な時点で彼は大人だったんじゃないかと私は思う。
自分のために生きるのと他人のために生きるのとでは大きな差がある。
そして、親から受ける愛情と他人から受ける愛情は全く違うよな。
なんか知らないけど親から受ける愛情は当たり前に受けられる愛情だと思ってしまう。
だから甘えてしまう。雑に扱ってしまう。感覚狂うんだよ。
だから自分ができるだけ若いうちに親の立場になるのがいいと思うよ。
みんな愛されたくて寂しい寂しい言うだけで若さに甘んじてあっという間に歳をとって取り返しの付かないことになるんじゃないだろうか。
サンジャポ太田の熱い語りよかった。
彼の笑いに関しては評価したくないけど、ふざけないでカッコつけないで熱く難しい問題に意見する姿はまともだしかっこいいと思いました。
以上。
さよなら。


スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:ひとりごとのようなもの

Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://marathonman6.blog69.fc2.com/tb.php/474-0f548f56

プロフィール

さとうあぐね

Author:さとうあぐね
talking about shit

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター