id="entry-area" onload="initi();">

黄金の左中心の生活2010-05-17(Mon)

PICT2766.jpg

オペラ歌手のような格好でTVに出演している
体の大きな人を観たこともあるのではないだろうか?それはマツコ・デラックスだ。
彼はいわゆる、ホモセクシャルだ。オカマね。
つまり、男なのに男性に(性的?)魅力を感じるのだ。
さんまのまんまに彼が出演した際、興味深いことを語っていた。
彼がいうには、オカマにもいろいろな種類があるらしい。
彼の場合、単純に同性が好きなだけで女装趣味はなく、
(女装も好きで同性が好きなのがはるな愛と言っていた)
TV出演する際にはゴージャスな女装をするが、普段は一般男性の格好で
生活しているそうだ。
TVではキャラクター付けのため、したくも無い女装をしているというこになる。
彼にはオンとオフの概念があるのだろう。

話は変わるが、ハナクソが鼻にたまっているのを感じることがある。
公共の場にいたりして、おおっぴらに鼻をほじることがはばかれると
思考がハナクソに支配されてしまうことが私はある。
「どうしようハナクソのことで頭がいっぱいだ」と。
(「どうしようあの娘のことで頭がいっぱいだ…」みたいな感じで)
普通の人はトイレに行ったりして思いっきりハナクソをほじるのだろう
人前ではほじらない。私もそうだ。
家で一人の時には大規模にほじる。オンとオフだ。

今日劇場みたいなところに行った。偉いお方が長い長いありがたいお話をしていたが、
私はほとんど聞いていなかった。というのは、右前方に座っている女性の葛藤が
気になったからだ。彼女の鼻穴にはハナクソがへばりついていたようで、
さり気なくではあるが鼻に触る回数が多かった。観察してやろうと思った。
鼻息を「フンッ、フンッ」やったりしていた。
最終的に細い人差し指が鼻の穴に入ったのを私は見た。
がっかりした、というか残念だった。
もう少し頑張って欲しかった。
私が彼女の想いを寄せる人だったならば、その恋はかなわないだろう。
私が彼女の父親ならば、勘当だ。
私が岡田監督なら彼女は、日本代表落選だ。
そういうことだ。
私は無性にマツコに説教して欲しくなった。オンとオフの話を彼女にしてもらうのだ。
リアルでは無理だろうから、夢に出てもらおう
寝る前にお祈りしよう(白魔術)
第一声は「あんた、とれたハナクソどこに捨てたのよ!」で決まりだ
スポンサーサイト

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:トイデジ

Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://marathonman6.blog69.fc2.com/tb.php/62-5640fe47

プロフィール

さとうあぐね

Author:さとうあぐね
talking about shit

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター